HOME > ニュース > セミナー > 第8回ベクトルセミナー「企業コンプライアンスって何だろう!?」を開催しました!

第8回ベクトルセミナー「企業コンプライアンスって何だろう!?」を開催しました! - 2017.02.06(月)

講師:ベクトル専門家 たちばな法律事務所 弁護士 橘 功記

 

1月31日(火)北広島では朝から雪がしんしんと降り御足元の悪い中、9名の受講者にきていただきました。
今回の会場はベクトル事務所隣りモモカフェにて開催しました。

 

講義内容として下記の4つの項目に分けて説明していただきました。
1.企業コンプライアンスって何だろう?
2.我が国におけるコンプライアンスの歴史
3.中小企業に企業コンプライアンスって必要?
4.一体どうすればいいの?

 

「コンプライアンス」とは皆さんご存知の通り「法令遵守。特に、企業がルールに従って公正・公平に業務を遂行すること。」という意味です。
まず、法令順守とは商法・証券取引法・消費者契約法等の法律以外に各種命令・通達等違反も含まれることや企業倫理、企業の社会的責任に関してわかりやすく解説していただきました。
「我が国におけるコンプライアンスの歴史」では近江商人について、三方よし(売り手よし・買い手よし・世間よし)の意味、また日本資本主義の父で北海道拓殖銀行設立委員の渋沢栄一を例に挙げ、専門家ならではの視点から丁寧に説明していただきました。
最後に一体どうすればいいの?では具体例として 最近問題になっているツイッター等で常識外の行動をする従業員が増えつつある現状や日本人特有の「和」を尊重する倫理が薄れてきていると現代の新たな課題を指摘し、受講者皆様にとって今後のコンプライアンス対策の参考になったのではないでしょうか。

 

講義後の質疑応答では少し難しいテーマながらも盛んに行われ、企業コンプライアンスセミナーの関心度の高さがうかがえました。
次回、第9回ベクトルセミナーは2月27日(月)18時より恵庭商工会議所にて『多様な人材を活用しよう~高齢者・外国人労働者の労務管理~』と題しましてベクトル専門家の宮崎こうじ社会保険労務士事務所 宮崎社労士を講師に迎え開催いたします。