HOME > ニュース > セミナー > 第26回ベクトルセミナー「良い会社づくりの早道」~職務分掌の定着編~ 開催しました!

第26回ベクトルセミナー「良い会社づくりの早道」~職務分掌の定着編~ 開催しました! - 2018.08.21(火)

講師:一般社団法人ベクトル専門家
澤村眞由美氏(クリスタルライフ株式会社 代表取締役)
 
7月27日(金)18時から恵庭商工会議所 中会議室にて開催し、14名の受講者にきていただきました。
 
今回は「良い会社づくりの早道」シリーズ第3回目、「職務分掌の定着編」です。
3月開催「役割分掌の重要性」、5月開催「導入編」については今回初めて受講される方にもご理解できるようおさらいをしました。
 
「定着編」は特に重要な下記の4項目について丁寧に解説していただきました。

  1. ①参加型体制の作り方
  2. ②定期的チェック法
  3. ③リーダー育成
  4. ④個人の特性をいかす面談

 

①はまず質問(社員や同僚のことをどれだけ知っていますか?)を投げかけ振り返って考えてもらいました。またマズローの5段階欲求説を例に挙げ、人は集団から存在価値を認めてもらいたい、もっと進むと自分の能力や可能性を最大限に発揮したい欲求に変わっていくそうです。そのためには社長または上司が社員に家族のことを聞く、気に掛ける、仕事を褒める等で承認の欲求が満たされどんどん意欲が湧き良い方向へ進むそうです。また行動基準(挨拶・整理整頓の励行等)を徹底し定着させることも大事で良い組織風土づくりは好循環につながると専門家の視点でわかりやすく説明していただきました。

 

④は「社員の本音を聞く」「関係性の向上」「社員の成長の支援」を目的とし質問(多種類)とコツをお話しされ、受講者は真剣に耳を傾けていました。

 

また③では澤村氏が社員研修時にメインで活動されているウェルスダイナミクスを活用し、その特性でどんなことを大切に考えているかを知るのに役立つともお話しされていました。

 

シリーズ3回を通して、社員が公平に評価される基準が整っていて、うまく機能すると社員の士気が上がることで、仕事に対する積極性が向上し、売上増や人間関係改善に大きく寄与するのではないかと考えさせられました。そのためにはトップの方の社員に対する細やかな言動(褒める・家族のことを気に掛ける諸々)が良好な関係を築く一つのキッカケだと感じました。

 

職務分掌は導入してから定着するまで一定期間要しますが、「良い会社づくり」を目標に是非導入のご検討をお願いいたします。

 

質疑応答は懇親会時にということになり閉会となりました。